「又は」「若しくは」の違い分かりますか?

スポンサーリンク

今回のテーマは「法令用語」です。

普段条文を読んでいるときにはあまり気にしていない言葉ですが、実はキチンと使い分けされていることを知っていましたか?

これから何回かに分けてやっていきますので、しっかりと区別が付けられるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

「又は」「若しくは」の違い

「又は」と「若しくは」は、両方ともいずれかを選択する場合に使われる言葉です。

ですが、「又は」の方が大きな接続に使われます。
「若しくは」は、それよりも小さな接続の場合です。

例えばお昼ご飯にカレーかラーメンを食べたいと思ったとします。
すると候補は

カレー 又は ラーメン

となります。
しかし、ラーメンにも色々な種類がありますよね。
もしラーメンだったら醤油ラーメンか味噌ラーメンにしたいと思っていた場合は

カレー 又は 醤油ラーメン若しくは味噌ラーメン

のように書くことになります。

お分かりでしょうか。
「又は」で大きなグループを接続し、その中の小さな接続で「若しくは」を使うのです。
(「若しくは」は単体では使われず、必ず「又は」の中で使われます)

さらにカレーにも候補を増やすと

ビーフカレー若しくはチキンカレー 又は 醤油ラーメン若しくは味噌ラーメン

なんて使い方もできます。

 

それではこれを踏まえて、実際の条文を見てみましょう。

憲法第8条
皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。

「皇室に財産を譲り渡すこと」 又は 「皇室が財産を譲り受けること」若しくは「皇室が財産を賦与すること」

となっていますね。
「(誰かが)皇室に」というグループと、「皇室が(誰かに)」というグループを、「又は」で分けているわけです。
そしてさらに「皇室が(誰かに)」の中にある2つの事柄を「若しくは」で並べているのです。

カレー 又は 醤油ラーメン若しくは味噌ラーメン

のパターンと同じですね。

3つ以上あったらどうなるの?

もし3つ以上のものから選ぶ場合は、最後にだけ付けます。
つまり

カレー、ラーメン 又は パスタ

のようにします。
さらにカレーの選択肢が増える場合は

ビーフカレー若しくはチキンカレー、ラーメン 又は パスタ

のようになります。
ちょっとややこしくなりましたね。
さらに選択肢を増やすと

ビーフカレー、チキンカレー若しくはポークカレー、醤油ラーメン若しくは味噌ラーメン 又は ミートソース若しくはペペロンチーノ

というようになります。

 

最後はちょっと混乱しそうになったかもしれませんが、「又は」は大きな接続で、「若しくは」はその中の小さな接続で使うと覚えておけば大丈夫です。

 

コメント