行政法

積極的要件と消極的要件

先日は「執行停止」と「差止め訴訟」について、要件の違いをご説明しました。 本日はその続きで、さらに理解を深めて頂くための知識をご紹介したいと思います。 先日ご説明した「執行停止」と「仮の差止め・仮の義務付け」をするこ...
一般知識

一般知識対策はまずコレが基本でしょう

平成29年度の一般知識は変わった問題が多かったですね。 一般知識というより、「雑学」に近かった気がします。 しかし、日頃からニュースなどをチェックしていたり、「これって何だろう?」と思ったことをすぐに調べるようなクセをつけて...
憲法

南九州税理士会政治献金事件のポイントをチェック!

今日は「南九州税理士会政治献金事件」(最判平成8年3月19日)を勉強しましょう。 事件の概要 南九州税理士会は、その会員に対して「税理士法の改正のために政治献金するから、5000円払ってね」と特別会費を徴収しました。 ...
民法

「共同相続」と「遺産分割」における、第三者への対抗要件の違い

相続に関する問題の中で、たまに出てくるのが「共同相続」と「遺産分割」の後に出てきた第三者との関係です。 「第三者に対抗するには登記が必要か否か?」について、混乱を生じている人も多いのではないでしょうか。 ...
行政法

【行政事件訴訟法】執行停止と差止め訴訟の違い(と、その他)

今回は、多くの受験生が迷われている以下の違いについてご説明します。 ①「執行停止」と「差止訴訟」の違い ②「執行停止」と「非申請型義務付け訴訟/差止め訴訟」と「仮の義務付け/仮の差止め」の要件の違い ①「執行停止」と「差止...
記述対策

練習問題3(行政法)

【問題】 国家賠償法2条1項では「道路、河川その他の公の営造物の設置または管理に瑕疵があったために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体はこれを賠償する責に任ずる」とあるが、この「設置または管理の瑕疵」とは判例上どのように定義さ...
記述対策

練習問題2(民法)

こちらの記事は、民法改正前の内容となっております。 改正後の「錯誤」についてはこちらをご覧ください。 【問題】 AはBからその所有する動産甲を買い受ける契約を締結したが、その後Aは勘違いによって契約を締結していたことに気が付いた。...
記述対策

練習問題1(民法)

【問題】 AはBに対し、自己所有の高級時計を贈与すると意思表示した。 しかし実は、AにはBに贈与する意思はなかった。 こうした意思表示のことを何と呼ぶか。また、これは原則として有効とされるが、例外的に無効となるのはどのようなときか...
憲法

奈良県ため池条例事件のポイントをチェック!

今日は「奈良県ため池条例事件」(最判昭和38年6月26日)について勉強しましょう。 事件の概要 奈良県にて、ため池の提とうに農作物を植えていた農民Xがいたところ、「危ないので、ため池の提とうに農作物を植えちゃダメ」という条例が施...
憲法

マクリーン事件のポイントをチェック!

今日は「マクリーン事件」(昭和53年10月4日大法廷判決)について勉強しましょう。 外国人の人権を考える際には、必ずといっていいほどテーマに取り上げられる判例です。 試験では固有名詞は問われないので、「マクリーン」という人名...
スポンサーリンク