2019-10

記述対策

練習問題36(行政法)

【問題】 行政代執行第2条によれば、法律(法律の委任に基く命令、規則及び条例を含む)により直接に命じられ、又は法律に基づき行政庁によって命ぜられた代替的作為義務があり、義務者がこれを履行しない場合は、行政庁は自ら義務者のなすべき行為を...
行政法

宜野座村工場誘致事件 超カンタンまとめ

今回のテーマは「宜野座村(ぎのざそん)工場誘致事件」です。 地方公共団体が行政計画を変更したことによって損害を被った者がいた場合、地方公共団体は不法行為責任を負うかが争点となった事例です。(S56.1.27) 事件の概要 ...
憲法

GPS捜査の適法性 超カンタンまとめ

今回のテーマは「GPS捜査の適法性」についてです。 警察が捜査の一環として、裁判所の令状なしに被疑者らの車にGPSを取り付けたことが適法かどうか争われた事例です。 (最判H29.3.15) 事件の概要 複数犯による連続窃...
民法

「先取特権」の基本的な知識を押さえておきましょう

今回のテーマは「先取特権」です。 行政書士試験ではそれほど出題されることがありませんので、勉強が手薄になりがちな部分ではないでしょうか。 「今日こそ日曜」とか「ほこうばい」とか、語呂合わせだけは覚えているけど、何を意味し...
憲法

謝罪広告事件 超カンタンまとめ

今回のテーマは「謝罪広告事件」です。 裁判所が名誉棄損をした被告に対し謝罪広告の掲載を命じたことが、憲法19条の思想良心の自由を侵害しないか争われた事例です。 事件の概要 衆議院総選挙に立候補したAは、対立候補であるBが裏...
行政法

【行政事件訴訟法】「原告適格」が認められた判例と、認められなかった判例

行政事件訴訟法における取消訴訟の要件は、「処分性」「原告適格」「(狭義の)訴えの利益」「出訴期間」「裁判管轄」「被告適格」の6つです。 繰り返し言いますが、これを満たさない訴えは却下となります。(※棄却ではありません) 今回...
スポンサーリンク