記述対策

練習問題37(民法)

【問題】 Aは、ある土地に鉄道の駅ができるとの噂を聞き、その予定地の土地所有者Bに対し「いずれ駅ができるのでこの土地を売って欲しい」と依頼した。 Bもその話を信じたため、通常の相場よりも高い値段でその土地をAに売却した。 ところが...
民法

【改正対応】「錯誤取消し」を分解して分かりやすく解説

今回は改正民法の中で「錯誤」を取り上げます。 全面的に変えられていますので、試験対策上は絶対にチェックが必要な部分ですね。 まずは条文全体をチェック <改正前> 民法95条 意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったとき...
雑記

本番直前の心構え

ついに明日は試験当日。 皆さん、本当によく頑張ってこられたと思います。 今まで培ってきたことを全部出しきって頑張ってくださいね。 心構え ・今晩はしっかり睡眠を 寝不足は脳の大敵です。十分な睡眠時間を確保しましょう。 ...
スポンサーリンク
雑記

試験当日の注意事項など

(※2017年11月27日に投稿したものを、一部改編して再投稿しています) 僕は平成29年度(2017年度)の試験を受験しました。 その時の記録も含めて、当日の注意事項などを書いておきたいと思います。 集合は12時...
雑記

緊張感を緩和するには

試験まであとわずか。 受験生の皆さんは、否が応でも緊張感が高まってきているかと思います。 緊張感は決して悪いものではありません。 集中力が高まりますし、いつもよりよい結果を生み出してくれることも多いからです。 でも、...
一般知識

Society 5.0(ソサエティ5.0)ってなに?

政府が提唱している新時代のコンセプトに「Society 5.0(ソサエティ5.0)」というものがあります。 これは、人類がこれまで歩んできた4つの社会の先にある、第5の新たな社会という意味だそうです。 第1は「狩猟社会」...
憲法

「忘れられる権利」超カンタンまとめ

今回のテーマは「忘れられる権利」についてです。 逮捕歴のある人が、インターネットの検索結果にその情報が出てこないよう検索業者に削除を請求できるかについて争われました。(最判H29.1.31) 事件の概要 Xは児童買春を犯し...
記述対策

練習問題36(行政法)

【問題】 行政代執行第2条によれば、法律(法律の委任に基く命令、規則及び条例を含む)により直接に命じられ、又は法律に基づき行政庁によって命ぜられた代替的作為義務があり、義務者がこれを履行しない場合は、行政庁は自ら義務者のなすべき行為を...
行政法

宜野座村工場誘致事件 超カンタンまとめ

今回のテーマは「宜野座村(ぎのざそん)工場誘致事件」です。 地方公共団体が行政計画を変更したことによって損害を被った者がいた場合、地方公共団体は不法行為責任を負うかが争点となった事例です。(S56.1.27) 事件の概要 ...
憲法

GPS捜査の適法性 超カンタンまとめ

今回のテーマは「GPS捜査の適法性」についてです。 警察が捜査の一環として、裁判所の令状なしに被疑者らの車にGPSを取り付けたことが適法かどうか争われた事例です。 (最判H29.3.15) 事件の概要 複数犯による連続窃...
スポンサーリンク