元号に関する豆知識

sponsor link

2019年は平成最後の年ですね。
5月1日からは新しい元号が始まります。

歴史的な節目となりますので、一般知識において元号に関する知識が出ないとも限りません。
そこで、豆知識を少しだけ仕入れておきましょう。

 

日本で初めての元号は?

日本において初めて使用された元号は、西暦645年の「大化」です。
そう「大化の改新」の大化ですね。
聞き覚えがあるので、覚えやすいのではないでしょうか。

 

政令で定める

元号は、「政令」によって定められます。
法律で定めるわけではないので注意してください。

元号法第1項
元号は、政令で定める。

 

いつ改元される?

改元されるのは、「皇位の継承があった場合」です。

元号法第2項
元号は、皇位の継承があった場合に限り改める。

つまり、新しい天皇が即位した際に、元号も新しくなります。
これを「一世一元の制」と呼びます。

なお、過去にはそうした決まりはなく、天皇の在位中であっても大地震や飢餓、疫病の流行などがあった際に度々改元されていました。(一世一元の制が採られたのは「明治」以降です)

なぜかというと、改元によって「災いを断ち切ろう」という意図があったのです。
そのため、数年おきに改元されるということが繰り返されました。

「大化」から「平成」まで、元号の総数は247に及びます。
平均すると、1つの元号に使われた期間はおよそ5年半です。

明治が45年、昭和が63年も続いたことを考慮すると、過去にどれだけ多くの災害に遭っていたのかが伺い知れますね。

 

文字数は決まっている?

元号は「漢字2文字」とされています。
とはいえ、これは法律ではなく、1979年に大平内閣で出された閣議報告の「元号選定手続き」で定められています。「法律(または政令)で定められている」とあったら×です。

ちなみに、奈良時代には漢字4文字の元号も存在していました。
そのため、「過去全ての元号が漢字2文字だった」という選択肢があったら×になります。

 

元号に関しては、これぐらいの知識があればいいかと思います。
飲み屋で披露する豆知識的な感じで覚えておくといいのではないでしょうか。
(実際に披露するとウザいと思われますのでご注意 笑)

コメント