国民のための情報セキュリティサイト

スポンサーリンク

ご存知の方も多いと思いますが、
(というよりも、試験を受けるからには知っておいて頂きたいことですが)

 

行政書士試験は、「総務省」の管轄です。

 

すると、一般知識の情報通信の問題で出やすいのは、総務省が行っている事業に関連するものということになります。

総務省のHPには、今取り組んでいる事業が出ていますので、必ずチェックして、関連する用語を押さえておきましょう。

例えば、マイナンバーカードの普及促進は総務省の仕事ですし、それに付随してICT(情報通信技術)の利用促進もあります。
「コネクテッドカー」や「オートノマスカー」などは、似た言葉でありながら少し意味が違うので、こういう違いを問うなどは想定されるところです。

コネクテッドカー
ICT端末としての機能を有する自動車のことで、車両の状態や周囲の道路状況などの様々なデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積・分析することで、新たな価値を生み出すことが期待されている。

(総務省 情報通信白書より)

簡単に言えば、ネットと繋がっている(コネクトしている)車ということですね。

オートノマスカー

自動走行車のことです。

コネクテッドカーがさらに進化し、運転も自動で行えるようになったものを言います。

 

この他、情報通信の用語をまとめて学ぶには、総務省HPの中にある、

国民のための情報セキュリティサイト

を見ておくのがオススメです。

 

これは簡単に言えばネット用語辞典です。
よく本試験で見る用語の解説が載っています。

 

全部覚える必要はありませんので、「重要ワード」のアイコンがある用語を優先的にチェックし、どのようなものか判断できるようになっておきましょう。

 

コメント

  1. 香川 洋子 より:

    はじめまして。市販のテキストを買って、7月から行政書士の勉強を始めました。
    憲法や民法は身近でしたが、行政法や一般知識は????でした。
    9月にこのHPに出会い、こんなにわかりやすい説明に、もっと早く出会えたら私の勉強も、もう少し何とかなったのに、と思う今日この頃です。
    試験まで、1か月を切り、ジタバタしているところです。
    とても感謝しております。ありがとうございます。

    • gyoseishoshi より:

      そう仰って頂くと嬉しいです😊
      試験まであと1ヶ月を切りましたね。
      最後まで精一杯頑張ってくださいね✊✨