勉強の仕組み化をする

sponsor link

皆さん、勉強頑張っていますか。

 

僕もFP2級の試験が来週の日曜日です。(あと8日)
今のところ過去問や模試の結果もバッチリですので、特に不安はありません。
このまま体調管理に気を付けて、万全の状態で臨みたいと思っています。

 

とはいえ、先日も書きましたが、僕はFPの勉強が決して楽しくありませんでした(笑)
12月から始めたのですが、特に最初の頃は「つまんないなー」とグチばかりでした。

 

なんで保険にこんなに種類があるんだ、とか、
なんで年金に「老齢」と「障害」と「遺族」があって、それぞれ基礎と厚生があるんだ、とか、分からないことばかりでストレスでしたね(笑)

 

行政書士の勉強は、もともと大学が法学部だったり、過去に宅建士の勉強をしていたこともあって馴染みがあったんです。
だからFPよりは楽しかったですね。
(行政法が最初はちょっとニガテでしたが)

 

で、勉強してもなかなか理解ができないとき、机に向かうのがツライっていうのがありますよね。

分からない
面白くない
他のみんなは出来てるんだろうな
どうせ自分なんか
あー休憩休憩
漫画村見ちゃお
全巻読破!

みたいな感じで、勉強から遠ざったりしがちですよね。

いえ、決して責めませんよ。人間だもの。
そういう時もあるさ!!

でも、もし本気で合格したいなら、全巻読破した後にでも、やっぱりもう一度机に向かう気持ちが必要ですよね。

こういうときどうすればいいのか。

 

僕の場合、自分がいかに意志薄弱かを知っていたので、強制的に勉強するための仕組みを構築しました。

なにかというと、
毎日facebookに「今日やった勉強」と、「試験まであと何日か」を書き込むことにしたんです。
そして、それを友達みんなに公言しました。

 

そうすると、口に出した手前、キチンと投稿しないとカッコつかないんですよ。

サボったらすぐにバレますし、「偉そうなこと言っといてダサくない?」って思われちゃいますしね(汗)

facebookの友達は身近な人ばかりですから恥ずかしいんですよ。

 

そのおかげで、イヤだなーと思いながらも、毎日机に向かえました。
しかも毎日カウントダウンするので、「やばい、サボってる場合じゃない(汗)」と緊張感も感じられましたね。

 

この方法は多くの方にとっても有効な方法だと思いますが、「こんなことしたくない」という方もいるでしょう。

大切なのは、自分を勉強に向かわせるための仕組みを作ることです。
意思が弱くても、これだけはやらざるをえない、と思う仕組みを、生活の中に組み込んでみてはいかがですか?

最初は窮屈に感じるかもしれませんが、よい結果が出てくると逆にやめられなくなってきます。

 

ツイッターの勉強仲間と毎日問題を出し合うとか
勉強ブログを更新するとか
勉強が終わったらケーキを食べてOKにするとか

やり方は色々あると思います。
(ちなみに、他人を介在させると効果的です)

仕組みが一旦機能し始めたら、どんどん良い方向に進みだします。

ぜひ「どんな仕組みなら、勉強せざるを得なくなるか」を考えてみてくださいね。
そしてそれを実際に生活の中に取り入れてみましょう。

コメント