効率的な勉強法とは

sponsor link

さて、今日は勉強法について思うところを書いてみます。

以前、僕がやっているTwitterでも書いたのですが、勉強には効率的な方法というのが間違いなく存在します。

 

もしあなたが、何回テキストを読んでも覚えられない、とか、何回試験を受けても合格できない、ということがあったとしたら、それはあなたが悪いのではなく、学習方法に問題があるのかもしれません。

 

僕自身、非効率的な学習方法をしていたので、最初のころは内容が全然頭に入りませんでした。

 

それはどんな勉強法だったかというと、

  • テキストを丁寧に読む
  • 重要な部分にマークする
  • 重要な部分を何度も見返す

といったものです。

 

ん?

特に悪いことはなさそうな気がしますね??

なんとも真面目で正統な勉強法のような感じです。

 

でも、実際のところ、これでどれくらい記憶に定着できたでしょうか?

 

個人的な感覚になりますが、10学んだとして、頭に入るのは5~6ぐらい。

数日経つとどんどん忘れていき、1週間後には3ぐらいになってしまう感じです。

 

なぜこの学習方法が非効率的なのでしょうか?

 

それは、インプットしか行っていないからです。

 

どういうことかと言いますと、テキストを読んだり、マークの部分を見たりするのは、受け身でしかないんですね。そこにある知識をただ見つめているだけ。ただ受け取るだけで、脳がしっかり働いていないんです。

だって、そこにすでに正解があるので、自ら能動的に考えて正解を出さなくていいんです。

 

逆に、正解が表示されてなくて、その部分をあなたが埋めてください、と問われると、脳は一生懸命その答えを思い出そうとします。すると圧倒的に知識が身に付きやすくなるのです。

 

sponsor link

効果的な学習方法とは、自分の頭で思い出すこと

具体的な例を出した方が分かりやすいですね。

 

例えば、以下の文章を読んでみてください。

成年被後見人とは、精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者で、本人、配偶者、四親等内の親族・・又は検察官の請求により、家庭裁判所において後見開始の審判を受けた者である。(民法7条を一部省略)

 

読みましたか?

 

本当に読みました?

 

ちゃんと読んだことを前提に進みますよ?

はい!

では今からスクロールして戻るのはなしです!

 

以下の質問に答えてください。

 

成年被後見人とは、どんな者ですか?

 

 

 

チッチッチッチッチッチッ・・・・

 

 

 

 

さて、答えられましたでしょうか。

 

もちろん中には正確に答えられた方もいるとは思いますが、多くの方は

「えぇっと・・何だっけ?」

「事理弁識能力を『欠く者』で合ってたかな?」

「請求権者は、本人と配偶者と四親等内の親族と・・あと誰だっけ?」

「裁判所って家裁だっけ?簡裁だっけ?」

・・みたいに悩むと思うんです。

 

おかしいですよね、ついさっき答えを見ていたばかりなのに。

 

そう、単に答えを見ているだけでは、自分で答えられるようにはならないんです。

能動的に考えていないので、頭が働いていないからです。

 

じゃあどうすればいいかというと、覚えたい部分、重要な部分を見えないようにするんです。こんな風に。

成年被後見人とは、精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く「①」にある者で、本人、配偶者、「②」親等内の親族・・又は「③」の請求により、「④」裁判所において後見開始の審判を受けた者である。

どうでしょうか。

こうすると、正解を脳が一生懸命思い出そうとするので、知識が定着しやすくなるのです。

 

(ちなみに正解は以下です)

①常況

②四

③検察官

④家庭

 

こうして主要な知識をアウトプットできるようになると、

 

成年被後見人とは、どんな者ですか?

 

と聞かれても、

・事理弁識能力を欠く「常況」にある者で

・本人、配偶者、「四親等内の親族」「検察官」などが請求して

「家庭裁判所」が審判した者

といったことが、スラスラ出てくるようになります。

 

(参考書などで、赤字を赤い透明な下敷きで消すのがありますが、まさにコレですね)

 

繰り返しますが、自分の頭で答えを「思い出す」ことが学習において大変重要なことです。

(手前味噌ですが、僕が運営しているTwitterはそのお役に立つと思います)

 

これは科学的にも証明されているそうで、以下のブログでは海外の論文のリンクなども添えて紹介されていますよ。

学習法の統一王者、それは「検索練習」

 

過去問は「正解を出すため」に解かない

あと一つ、お伝えしたいのは、過去問の解き方です。

あなたは、過去問を解いた際、「正解した!」「間違った!」ばかりを気にしていませんか?

 

実は、過去問は、正解するかしないか、は重要ではありません。

もちろん正解するに越したことはありませんが、間違っていても全然OKなんです。

なぜなら、間違ったら、自分の知識に誤りがあったか、不足していた知識があったということだからです。

 

過去問は、

自分の知識が合っているかどうかの確認

自分に足りない知識がないかどうかの確認

のために解いてください。

 

たまたま正解の肢だけ知っていて正解できた。ヤッター嬉しい!

・・これで安心して次の問題に進んではいけません。

残りの肢に知らない知識がたくさんあったのですから、それをキチンと仕入れてください。

そうでなければ本当にもったいないです。

 

そして仕入れた知識は、穴埋めで覚えるようにする。

このサイクルを確立すれば、飛躍的に勉強の効率は上がると思います。

 

 

以上、僕がオススメする学習方法でした。

また思い付き次第、追加したいと思います。

コメント