心が折れそうになったときに見るページ

sponsor link

試験日が近づいてくると

 

このままじゃダメだ

と自分の力に絶望したり

 

逃げ出したい

と不安な気持ちになったり

 

みんなはできているけど私だけできていない

と、人と比べて落ち込んでしまったり

 

・・と

そんな気持ちになる瞬間があるかもしれません。

 

人間ですから、誰しも、心が弱くなってしまう瞬間というのはあると思います。

そんなときは、偉人たちの言葉が助けになることがあります。

皆さんに力を与えてくれる言葉を古今東西から集めてみました。
明日の一歩を踏み出す糧として頂けたら嬉しいです。

 

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

(マザー・テレサ/修道女)

叩かれたからといって、へこんでしまうことはないわ。
あれだけ叩いて卵を泡立てても、ケーキはふくらむもの。

(メアリ・ジョンストン/アメリカの作家)

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ。

(ドリー・パートン/アメリカのミュージシャン)

失敗したからって何なのだ?
失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。

(ウォルト・ディズニー/実業家)

壁というのは、できる人にしかやってこない。
超えられる可能性がある人にしかやってこない。
だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

(イチロー/プロ野球選手)

成果が出ないときこそ、不安がらずに、恐れずに、迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、成長の分岐点であると考えています。

(羽生善治/棋士)

私は9,000回以上シュートを外し、300試合に敗れた。
ウィニングショットを任されて26回も外した。
人生で何度も何度も失敗してきた。
だから私は成功したんだ。

(マイケル・ジョーダン/バスケットボール選手)

人間はまじめに生きている限り、必ず不幸や苦しみが降りかかってくるものである。
しかし、それを自分の運命として受け止め、辛抱強く我慢し、さらに積極的に力強くその運命と戦えば、いつかは必ず勝利するものである。

(ベートーベン/作曲家)

若い頃、私は10回に9回は失敗する事に気がついた。
だから10倍努力した。

(バーナード・ショー/アイルランドの作家)

途中であきらめちゃいけない。
途中であきらめてしまったら、得るものより失うものの方が、ずっと多くなってしまう。

(ルイ・アームストロング/アメリカのミュージシャン)

私たちの最大の弱点は諦めることにある。
成功するのに最も確実な方法は、常に、もう一回だけ試してみることです。

(トーマス・エジソン/アメリカの発明家)

勝ち負けなんかちっぽけなこと。
大事なことは本気だったかどうかだ。

(松岡修造/テニスプレーヤー)

PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ。

(ロベルト・バッジョ/イタリアのサッカー選手)

生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。
転ぶたびに起き上がり続けることにある。

(ネルソン・マンデラ/元南アフリカ共和国大統領)

人は何度やりそこなっても、「もういっぺん」の勇気を失わなければ、かならずものになる。

(松下幸之助/実業家)

疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべて見えなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです。

(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア/アメリカの牧師)

未来は今日始まる。明日始まるのではない。

(ヨハネ・パウロ2世/ローマ教皇)

もう一歩。
いかなる時も自分は思う。
もう一歩。
今が一番大事なときだ。
もう一歩。

(武者小路実篤/小説家)

たゆまず、休みなき努力によってこそ、「信念」は「豊かでゆるぎなき体験」に変わるのです。

(ガンジー/インドの政治指導者)

私たちの人生は、私たちが費やした努力だけの価値がある。

(フランソワ・モーリアック/フランスの作家)

自分の道を進む人は、誰でも英雄です。

(ヘルマン・ヘッセ/ドイツの小説家)

決して屈するな。
決して、決して、決して!

(ウィンストン・チャーチル/イギリスの作家)

——–

やってもやらなくても、試験日はやってきます。
どうせなら、やりきってから試験に臨みたくないですか?

応援していますよ!

コメント