緊張感を緩和するには

スポンサーリンク

試験まであとわずか。
受験生の皆さんは、否が応でも緊張感が高まってきているかと思います。

緊張感は決して悪いものではありません。
集中力が高まりますし、いつもよりよい結果を生み出してくれることも多いからです。

でも、あまりに緊張しすぎるとパフォーマンスが低下してしまいます。
今日は、緊張感を少しだけ和らげる方法をお伝えします。

スポンサーリンク
               
僕も受験生時代に使いました
うかる! 行政書士 総合問題集
一般知識の時事問題対策は
 ニュース検定公式テキスト

腹式呼吸をしましょう

緊張しているときは呼吸が浅くなりがちです。
だいたい胸で呼吸していることが多いのです。

リラックスするためには、深い呼吸が必要です。
そのためには、お腹から呼吸するようにしましょう。

おへその下あたりに手をおいて、その手を押すようにお腹を膨らませて鼻から息を吸います。
そして今度は、お腹を凹ますようにして、口からゆっくり息を吐きます。

これを数回繰り返しましょう。

これだけでも少し気分が落ち着くはずです。

また、息を大きく吸った状態で、数秒間息を止めてから、ゆっくり吐き出すとさらに効果的です。

息を止めると、一時的に脳が酸素不足になります。
そうすると、体は「もっと脳に酸素を送らなきゃ!」と血流を増やすようになるのです。
つまり、より多くの酸素が運ばれるようになり、脳が活性化するのです。

何回か試してみると分かりますが、予想以上に頭がスッキリしますよ。

 

肩を下げましょう

これも緊張している人にありがちなのですが、肩が上がってるんです。

呼吸が浅いことと関係しているのですが、どんどん体の上の方がカチコチになってくるんですね。

そのため、腹式呼吸で息を吐く際に、同時に肩の力を抜いて、下げるようにしてください。

意識的に下げようとすることが大事です。

そうすると、不思議なことに肩を下げるほど落ち着きが戻ってきます。

「肩に力が入っている」というのは、比喩だけでなく本当にそうなっていることが多いので、肩の力が抜ければ精神的にもリラックスできるんですよ。

(肩回しでも効果あり)

 

毎日の勉強の際、試験の直前などに試してみてくださいね。

あとは以前にご紹介したこちらもどうぞ(笑)
↓↓

試験直前には〇〇をやっておくと効果的かも!?
試験直前にあることをするだけで、簡単に脳が活性化して、記憶力や集中力も上がるといわれているものがあります。 それは・・ 指回し です。 グルグルグルグル・・・・ ...

コメント