<お盆や年末年始など>時間を有効活用する考え方

sponsor link

お盆や年末年始など、世間的に一斉に休みとなるときは自分の力で勉強を進めていく必要がありますね。

そうすると今までのペースを崩してしまうということがあります。

 

「時間を有効活用する」

 

耳にタコができるほど聞いた言葉だと思います。

ところが、試験までまだまだ日数があると、どうしても時間のムダ遣いが生じてしまうものですよね。

時間とお金って同じだなぁと思うんです。

お金って、ふとした拍子にたくさん手にすると、気が大きくなってムダに使ってしまったりしませんか?

普段買わないようなものまで思いつきで買ってしまったり。

そして残金が少なくなってくると、「なんであんなもの買ったんだろう。もっと有益なことに使っておけば・・」と後悔したり。(しょっちゅうやりました)

人は、少ないと思っているうちは有効活用しようとするのですが、たくさんあると思うと浪費しがちなのです。

ではどうするか?

今日は、僕なりの意識の変え方をお伝えします。

 

sponsor link

画期的!先に後悔してしまう

これは僕がよくやることなのですが、「今日は時間がたっぷりあるな」というときで、つい気が緩みそうだったら、

完全に時間をムダ遣いをして、休み終了直前で焦っている状態をイメージする

のです。

そうすると、

「うわーどうしよう。もう終わりだー。もっとアレをやっておけば良かったー」

と、イメージの中の自分は思うハズです。

 

このときに思い浮かぶ「アレ」が、今日やるべきことです。

だいたい、今の自分が不安に思っていることや、現時点での勉強の進み具合の中でやっておくべき内容が思い浮かぶハズです。

それを、たくさん時間がある今のうちに潰しておきましょう。
そうすれば、現実には後悔しなくて済むことになります。

 

残された時間が少ないとイメージすることで

①今取り組むべき課題が見えてくる
②時間を有効活用しようという意識が高まる

 

過去に受験の経験がある方でしたら、

もしも明日、本試験を受けなければならないとしたら、何をやり残しているか?

とイメージするのもいいですね。

こうして、常に自分の中での「やり残し」をなくしていけば、試験本番には準備万端で臨めるはずです。

 

後悔先に立たずと言いますが、イメージすれば先に後悔することはできます(笑)
そして、先に後悔しておけば、後悔の芽はつぶせるのです。

年末年始、ゆっくり過ごすことも決して悪くはありません。
しかし、もし「勉強する」と決めている方であれば、しっかり時間を有効活用していきたいですね。

試験直前の1時間も、現時点での1時間も、まったく同じ1時間なわけですから。

コメント