試験は試験と割り切っていますか?

sponsor link

だいぶ遅くなってしまいましたが、皆さま、

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

平成29年度の試験結果まで、あと20日ですね。
結果が出るまでが長いですよね・・。
(そういえば、答案用紙紛失によって再試験となった2名の方は無事に終わったのでしょうか)

 

さて昨年末の話ですが、友人と飲む機会がありました。
お互いの近況などを話していたのですが、その時に友人がこんなことを言ったんですね。

「いやぁ、宅建士の試験も10月にあったじゃん?俺も試しに解いてみたんだけど、全然分からないね(笑)今試験受けたら落ちるわ」

 

実はこの友人は、宅建士の資格保持者。
それどころか、自分で不動産屋を起業し、10年以上に渡って経営を続けている、現役バリバリです。
その人が、全然解けなかったわけです。

つくづく

試験と実務は別物だな

と思いました。

 

僕も宅建士の資格を持っており、不動産屋で7年働いたことがあるので分かりますが、試験に受からなくても実務で優秀な人はたくさんいます。
逆に、資格を持っていても、実務で使い物にならない人もたくさん知っています。

一体何のための資格試験なんだ?

と思うことも多々ありますが、今はそれは置いておきましょう。
もうすでにそういう仕組みになってしまっているわけですからね。

 

ここで考えなければいけないことは、

試験は試験と割り切って考えることが大切

ということです。

 

つまり、合格するためには、「この知識は実務で使うかな?使わないかな?」なんて考えないということです。
「実務であんまり役に立たなそうだから、覚えたくないな・・」なんて言ってはいけないということです。

 

試験に出るなら、勉強する

 

それだけです。

「ずっと覚えていられるように、しっかり学ぼう」
なんてことも考える必要はないと思います。

真面目な人は、キチンと覚えようとするんですよね。
それで多くの時間を使ってしまう。
これは、学ぶ姿勢としては素晴らしいですが、合格するという目的の前ではもったいない時間の使い方です。

受験生の勉強時間は限られていますから。

 

語呂合わせでもなんでも、試験のその日に覚えていればいい。
翌日にはもう忘れていてもいい。

試験の知識ってそういうものだと思っています。

 

そんなこと言って、実務でその知識が必要になったらどうするの?

 

と言われそうですが、実務で必要な知識は、その時にまた学べばいいのです。
ググればすぐに答えが出ますから。(実務ではいくらでも調べていいのです!)

そしてもう一つ言えば、実務で学んだことは忘れにくくなります。
体験を通じて、生きた知識になりますから。
だから、その時が本当の勉強だと思っています。

 

試験勉強は、結局のところ実践が伴わない座学です。
それは忘れやすいものですし、現実に忘れてしまっても問題ないものです。

先日更新した「売主の担保責任によろしく」でもちょっと書きましたが、頭で考えずに図形とかで視覚的に覚えてもいいんです。
覚え方に正解はありません。

「キチンと意味を理解しなければいけないー」

とか、あまり固く考えずに、問題が解けさえすればいいのです。それだけに集中しましょう。
意味が分からなくても、正解すれば合格します。

試験は試験、実務は実務。

割り切って勉強することが大事です。
賛否両論あるかと思いますが、僕はそう思っています。

コメント