練習問題 14

sponsor link

【問題】
Aは、Bに対し甲債権を有している。
また、BはCに対し乙債権を有している。
甲債権の履行期が到来したため、AはBに対して弁済を求めたが、Bは弁済をしなかった。
また、Bは他にめぼしい財産がないにもかかわらず、乙債権の行使もしていない。
そこでAは、BのCに対する乙債権を代位行使しようと考えている。
民法の条文によれば、Aが代位行使をするにあたっては、甲債権と乙債権にそれぞれどのような性質が必要とされているか。
40字程度で答えよ。

 

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

 

(これ以上は、解答を書いてからスクロールしてください)

 

 

 

 

【解答例】

甲債権は金銭債権であることが必要であり、乙債権は一身専属のものではないことが必要である。

債権者代位権についての問題です。

代位行使できるための要件は全部で5つです。
これらは、「債務者」「被保全債権」「代位行使される債権」の3つに分類されます。

▼債務者(今回の例でいえばB)
無資力である
債権を自ら行使していない
▼被保全債権(甲債権)
金銭債権である
履行期が到来している
▼代位行使される権利(乙債権)
一身専属の権利ではない

今回は債権の性質について出題してみましたが、その他の要件を問われてもしっかり答えられるようにしておいてくださいね。

なお、被保全債権の履行期前であっても、裁判上の代位であれば債権者代位権を行使することができます。
また、時効中断などの保存行為も、履行期前に債権者代位権を行使することができます。

こちらも重要な知識なので覚えておきましょう。

コメント