練習問題19(民法)

スポンサーリンク

【問題】
Aは、Bから特定の種類のビールを1ケース買う契約をした。
この場合、Aは目的物を種類のみで指定しており、これは「種類債権」と呼ばれる。
では、このような種類債権においては、Bがどのような行為をしたときにその目的物が「特定」されるか。40字程度で答えよ。

 

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

 

(これ以上は、解答を書いてからスクロールしてください)

 

 

 

 

【解答例】

給付をするのに必要な行為を完了するか、債権者の同意を得て給付すべき物を指定したとき。

種類債権の問題です。

問題文中にもあるように、種類債権とは「目的物を種類のみで指定したもの」です。
お米とかリンゴとか野球のボールとか、そういった商品ですね。
本問は、種類債権の目的物が「特定」されるのはどのようなときかを聞いてみました。

種類債権については、以下の2つも一緒に覚えておきましょう。

●弁済は、原則として債権者の現在の住所で行う
●債務者が引き渡すべき目的物の品質は、特に契約の定めがなければ中等のもの

 

コメント