薬局距離制限事件 超カンタンまとめ

sponsor link

今回のテーマは「薬局距離制限事件」です。
薬局を新しく開設する際、既存の薬局から一定の距離をあけなければならないとする薬事法の規定が憲法22条に違反しないか争われた事例です。

 

sponsor link

事件の概要

Aは、新たに薬局を開設するために知事に許可申請を行ったが、知事は薬事法が定める距離制限に抵触するとして不許可処分をした。
そのため、Aは「薬事法の距離制限は憲法22条に違反する」として不許可処分の取消しを求めた。

 

押さえておくべきポイント

●「国民の生命や健康上の危険を防止する」という消極的、警察的目的の規制は、必要かつ合理的であり、より緩やかな他の規制手段では目的を達成できない場合にのみ合憲となる。

●薬事法の距離制限の目的は「不良医薬品の供給の防止」であり、その手段として距離制限を設けることは、必要かつ合理的な規制とはいえない。よって違憲である。

 

この際に示された違憲審査基準を「厳格な合理性の基準」といいます。
憲法判例では珍しく違憲判決が出た事例ですので、しっかり押さえておきましょう。

 

その他の違憲判決もこちらで確認しておいてくださいね。
>> 憲法を学ぶときは、まずは違憲判決をチェック!

コメント