砂川事件 超カンタンまとめ

sponsor link

今回のテーマは「砂川事件」です。

日米安保条約に基づき日本に駐留している米軍が、憲法9条に違反しないか争点となった事例です。
 

sponsor link

事件の概要

東京都北多摩郡砂川町にある米軍飛行場の拡張に反対するデモ隊の一部が、柵を超えて米軍基地の敷地に入ったために逮捕された。
しかしデモ隊は「憲法9条は自衛のための戦力の保持も許さない」「米軍が日本に留まることは憲法9条に違反する」と自らの正当性を主張した。

 

押さえておくべきポイント

●憲法9条2項の「戦力の不保持」とは、自衛権を否定したものではない

9条2項が禁止する戦力とは「日本が指揮権・管理権を有する戦力」であり、駐留米軍はこれにあたらない

日米安保条約のような高度な政治性を持つ条約は、一見して明白に違憲無効でない限り、裁判所は違憲判断をしない

 

最近は、沖縄の普天間基地移転問題や、日本の自衛権についてニュースになることが多いので、そうした時事に絡めて出題されてもおかしくない判例です。

特に「高度な政治性を持つ条約は、一見して明白に違憲無効でない限り裁判所は判断しない」という知識は重要ですので押さえておきましょう。

このように「高度な政治性を有する統治行為」は司法が判断しないことを、統治行為論といいます。

この考え方は「衆議院の抜き打ち解散は憲法に違反するか」が争われた「苫米地事件」においても使用されました。ついでに覚えておきましょう。

「衆議院の解散」が憲法に違反するかどうかは、高度に政治的なことなので裁判所は判断しない
(却下判決)

コメント